店舗・施設・オフィスにおける<感染症拡大防止ソリューション>

入店監視員が”無人”でも、温度異常を”そっと”お知らせする
「リアルタイムアラートシステム」!!
お客様の温度異常を検知した際、
スタッフ様・担当者様だけに分かるように通知できる仕組みです。

AI温度検知端末「SenseThnder」+オーダーコールシステム「ソネット君」連携

特徴・メリット

  1. 店舗・オフィスの入口に体温測定のための
    入店監視員を常時配置する必要がなくなり
    人員コストを削減できます。
  2. 温度測定器を置いてるだけの状況から脱却。
    測定状況をスタッフ様がどこにいてもリアルタイムで把握、
    速やかに対応できるようになります。

飲食店での運用イメージ

異常温度を測定されたお客様にも周囲のお客様にも動揺を与えず、静かな対応が可能です。
(飲食店以外にも、工場・病院・オフィスなど様々な業界でご利用いただけます)

温度異常のお客様を検知した際、外部接点スイッチからテーブル番号呼出し表示機に無線で通知、任意の番号を表示。表示を見たスタッフ様が、他のお客様に分からないよう温度異常のお客様に静かに対応できます。

選ばれる理由

離れた場所でも
温度異常を確実に把握

常に確認しているテーブル番号呼出し表示機に表示されるので、異常にすぐ気付くことができます。

カメラが赤く光る・メール通知する等の場合、スタッフ様が気付かないことも多いです。

スピーディかつ
静かに対応可能

スタッフ様だけが確認できる表示のため、周りのお客様に気付かれることなく静かに対応できます。

音が鳴ったり、パトランプ等で派手に赤く光ったりすると、他のお客様に動揺を与えてしまいます。

ローコスト
導入・運用

常時体温測定のための担当者を配置することが不要です。また、パトランプ等通知用の機材の購入不要。

表示機へは無線で有線工事が不要なため、設置費もローコストです。

<感染症拡大防止ソリューション>ハードウェアのご紹介

AI温度検知端末「SenseThnder」シリーズ概要

「SenseThunder」はAIを活用した温度検知機能付き顔認証端末です。
非接触・非対面でマスクをつけたままでも0.3秒の高速で温度検知が可能です。

SenseThunder-Mini

省スペースで 複数台導入をご希望のお客さまに最適

SenseThunder-Air

同時に複数人の温度検知が可能な次世代モデル
※複数同時検温と顔認証機能の併⽤は不可です。

<感染症拡大防止ソリューション>ハードウェアのご紹介

オーダーコールシステム「ソネット君」概要

飲食店のオーダーコールとして、工場で無線アンドンとして、病院で待合の呼び出しとして、様々な業界で活躍中。
国産、高品質、安定供給。特定小電力無線の電波帯で安定していることが特徴です。

送信機(スタッフ様呼出用)

お客様は送信機でスタッフ様を呼び出し

受信表示機

スタッフ様は受信表示機で確認  
  赤字→お客様呼出  
  緑字→キッチンからの料理完成合図

レディーコール送信機

キッチンスタッフ様は料理が完成したら、レディーコール送信機でホールスタッフ様に料理が完成したことをお知らせ

ナンバー消し機

スタッフ様が呼出ボタンを押した番号の席に行き、
業務完了後、またはキッチンに料理を取りに行った後、
受信表示機に表示された席番号を消す

補助金 / 助成金のご案内

「サーマルカメラ(非接触型測定機器)」の導入には
下記以外にも各自治体で感染対策の設備投資に関して独自の補助金 / 助成金がご利用いただける場合もございます。
ご利用いただく補助金 / 助成金により諸条件がございますので
お手数ですが詳細は各機関の公式サイトでお客様企業ご自身にてご確認いただけますようお願いいたします。
(補助金 / 助成金はお客様企業ご自身で申請手続きをしていただくものとなります)

中小企業等による感染症対策助成事業
対象地域 対象企業 助成限度額 助成率 助成内容(例)
東京都 都内中小企業者等 上限50万円
(1点あたりの購入単価が税抜10万円以上のもの)
2/3 備品購入費(サーモカメラ)
千葉市飲食店感染防止対策認証モデル事業補助金
対象地域 対象企業 補助限度額 補助率 補助内容(例)
千葉市 千葉市内の飲食店 上限30万円
(申請する店舗毎)
- 接触感染防止対策設備(サーモカメラ)
福岡県経営革新実行支援補助金(感染防止対策)
対象地域 対象企業 補助限度額 補助率 補助内容(例)
福岡県 福岡県内の中小企業者 上限50万円 3/4 その他衛生管理費用(サーモカメラ)