2017年04月11日

ご存知ですか?流通・小売業の2018年(平成30年)問題

割賦販売法改正で、決済端末のIC型カード対応が義務化となります。

クレジットカード番号等の情報漏えいや不正使用の防止するため、平成28年12月9日に「割賦販売法の一部を改正する法律」が公布されました。

2.法律案の概要
(1)クレジットカード情報の適切な管理等
販売業者に対し、クレジットカード番号等の適切な管理及び不正使用の防止(決済端末のIC対応化等)を義務付けます。

※経済産業省「割賦販売法の一部を改正する法律案」に関するニュースリリースより抜粋

これにより、カード決済のための専用端末を新たに設置するもしくは現在使用している店舗様では、決済端末を「IC対応」のものを導入もしくは入れ替える必要がございます。

プラネットのPOSレジシステムをご利用の店舗様は、Panasonic社製「JT-C16シリーズ」の導入をおすすめしております。

改正割賦販売法の施工は平成30年6月頃の予定となっておりますので、導入・入替はお早めにご相談ください!



本件に関するお問い合わせ

→問い合わせフォーム