事例紹介

ITソリューション事例

有限会社絵具屋三吉様
代表取締役 上田 藍氏、専務取締役 櫻井 岳⽒

  • 導入事例
  • 小売業

初めてのPOSレジ導入で右も左も分からないときに、
今後どういうふうにデータを見ていったらよいかという点も踏まえ、
部門分けからアドバイスいただいたことが非常に心強かったです。

日本古来の絵画材料を中心とした各種画材を販売している有限会社絵具屋三吉は、プラネットのPOSレジシステムを導⼊しています。
プラネットのPOSレジシステムを導⼊した背景や、選んだ理由・導⼊効果などについて、同社代表取締役 上田藍氏、専務取締役 櫻井岳⽒に詳しい話を伺いました。

有限会社絵具屋三吉

絵具屋三吉の業態

JR関内駅南口すぐの店舗

横浜関内の画材店です。
日本古来の和紙や筆、伝統絵具と云ったJapanMadeの絵画材料を中心に、知性や感性を豊かにしてくれる輸入洋画材料をセレクト。「伝統的な画材と新しい画材に出会える店」として、店舗ならびにネットショップで販売しています。

掛軸などの伝統表具をはじめ、ヨーロッパ全土から集めた額縁を取り揃えまして、額縁、額装、裏打ち、マット加工も承っております。また、美術作品の展示や、保管の提案も行っております。


豊富なカラーバリエーションの岩絵具

使いやすい実用的な硯も各種ご用意

店舗1Fでは約1500種類の額縁サンプルをご用意し、
豊富なデザインから作品にあった額装をご提案

表現の可能性が広がる、メディウム・顔料・基底材など
個性豊かなオリジナル画材も販売中

POSレジシステム導入の経緯

- まず、今回POSレジシステムを導入されるにあたっての経緯から伺いたく、ATEMS導入前にお使いになられていたレジを教えていただけますか? -

絵具屋三吉は小さな商店で、先代は電卓叩きながら…という感じだったので、その延長線上で電子レジスターを2台使っていました。(上田氏)

- 電子レジスターからPOSレジシステムに変えようと思われたきっかけや課題についても教えていただけますか? -

時代の流れで、レシートに細かな明細をご希望されるお客様からのニーズが多くあったことでしょうか。
画材という性質上、点数が非常に多く、一本一本絵の具のチューブでも細かく名称が違うので、前回何の絵具を買ったかお客様自身も分からなくなってしまう場合も多くて…。

代表取締役 上田 藍氏

とはいえ、スタッフがひとつずつ手書きで対応するのは非常に大変という現実とのギャップもあったので、POSを入れないといけないなあという思いはずっとありました。
また、ちょうど先代が導入していたリライトポイントカードのハードウェアも入替の時期にきていたので、そのタイミングで顧客情報と統一する必要があるだろうということもきっかけでした。(上田氏)

ポイントカードとお客様情報が紐付けて管理できていなかったので、DMなどにお客様の情報を活かしたかったというのもありますね。(櫻井氏)

売上の把握もレジ入力者の部門分けしかできていない状況でした。(上田氏)

POSレジシステムの選定基準 ~最初はタブレットPOSを検討~

- POSを探すにあたって、弊社にはHP経由でお電話いただきましたが、何社くらいお声かけされたのでしょうか? -

お話を伺ったのは、プラネットさんを含めて3社でした。(上田氏)

- その3社に声をかけるにあたって、企業の選定の基準はございましたか? -

予算的なものもあり、最初はタブレット型で簡易的なもの、初期コストやランニングも含めてあまり負担にならないものを探していました。

もともとお付き合いのあった会社さんに簡易的なPOSを紹介してもらったので、単純にそれに決めてもよかったのですが、他方ではもう少し何かできないかな?という思いもありました。

店頭販売だけではなく、通信販売の電話やFAXのボリュームも増えてきている段階でしたし、顧客情報も一緒に管理したいという希望もあったので、各種情報をトータルで見られるものを検討していたところ、プラネットさんのHPに書いてあった「外商」とも連動するということに興味をもちまして、具体的に話を聞いてみたいと思ってお電話しました。(上田氏)

POS選定基準を変更 ~メリットデメリットを聞き、安定性のある専用機POSを選定~

- 当初はタブレットPOSをご検討されていたということでしたが、専用機POSに変更されたポイントは何だったのでしょうか? -

プラネットさんからメリットデメリットを伺い、実はタブレットPOSはあまりうちみたいな規模には合わないなと感じました。

小さい店なので、タブレットPOSの方が導入しやすさとか相談しやすさはありますが、長い目で見ないとどうしても…。できれば10年使いたいと思ったときに安定性を考えた結果でした。(上田氏)

プラネットに決めた理由 ~運用までを見据えた提案でPOS初導入でも安心感があった~

- プラネットに決めていただいた決め手は何だったのでしょうか? -

相談しやすかったというのが大きな決め手でした。初めてのPOSレジシステム導入で右も左も分からない時に、非常に力強いアドバイスをいただけたことが大きかったですね。

せっかくPOSレジシステムを入れるにあたって、今後どういうふうにデータを見ていったらいいか、それを踏まえて作っていきましょうと言っていただいて。別にお話を伺ったところでは、さすがに部門分けのアドバイスまではしてもらえなかったので…(笑)。

最初にお話を伺って、予算的なことはもちろんありましたが、もう、できるかぎりプラネットさんで決めたいと思っていました。(上田氏)

導⼊について ~システム以外に、POS教育用動画やポイントカードデザインなどにも対応~

2017年5⽉に下記システムを導⼊されました。

<プラネットPOSレジシステム導⼊範囲>
・ハードウェア:ローコスト専用機POS(4台/1店舗)
・ソフトウェア:POSレジ(ATEMS Retail POS)、売上分析などを⾏う上位システム(ATEMS Retail BO)、           顧客/ポイント管理(ATEMS Retail CRM)、外商管理
・サポート:導⼊時のトレーニング、導⼊後の運⽤管理⽀援(ヘルプデスク/ハードウェアオンサイト保守)、
      リモートメンテナンス

ATEMSのPOSレジ導入にあたり作成された専用の
カウンター。とてもすっきりとおしゃれでした。

<施策>
①分類体系の作成ならびに商品にバーコードを付けて
 単品売上の把握
②ポイントカード(ポイントカードのデザイン含む)
③外商管理

- POSレジシステムへの切り替え時はスムーズでしたか? -

何のトラブルもなく始められました。一番大きいのは研修用にたくさん動画を作っていただいたことでした。そのおかげもあり、アルバイトさんも含め、3日くらいしたら1年くらい使っているかのようにぱっぱぱっぱと使ってました。あれ、いつから使っているんだっけ?というくらいなじみましたね。(上田氏)
違和感なかったですね。(櫻井氏)

- スタッフ様からの操作に対する不満等はございませんか? -

その当時は、20代から60代まで8名のスタッフがいたのですが、みんな問題なく使えていました。(上田氏)
新しいバイトさんが入った時もスムーズに使えていますね。動画のおかげで説明もしやすくて助かっています。(櫻井氏)

- ちなみにお二方もPOSレジは使われますか?キャッシャーとして実際に使われてみていかがでしたか? -

正直最初はタッチパネルというのが慣れるかどうか心配でしたが、何も心配いらなかったですね。
サポートセンターさんも非常にありがたい存在で、つまらないような質問でも親切に答えてもらって助かっています。(上田氏)

画材店である絵具屋三吉様ならではの
デザインにこだわった入会申込書(上)と
ポイントカード(下)

以前は電卓をたたくことがすごく多かったのですが、今は商品をスキャナーで読み込めばいいだけなので本当に楽ですね。何も考えなくてもレジができる感じです。ポイントカードも前はレジと別の機械だったのですが、今は連動しているのでお客様が多いときにもスムーズですね。(櫻井氏)

-ポイントカードはデザインもプラネットにお任せいただきましたが、 評判はいかがでしょうか? -

おかげさまで、特にデザインはお客様に「おしゃれになったわねぇ」と褒めていただいています(笑)。
色とか影とかまでこだわっていただいてありがとうございました。(上田氏)

導⼊後の効果 ~段階導入できるATEMSの仕組みが魅力的~

- POSレジシステムの導入後の効果について教えていただけますか? -

売上に関しては、季節変動というか流れているものを把握しやすいというのは、POSを入れて非常に感じました。
今まで一日まとめての数字しか分からなかったものが、日の流れとか週の流れみたいなものを意識するようになって、店頭に出ているスタッフの意識が強くなったのが大きいですね。
今まで感覚的だったものを目で見て確認できるようになったので、店頭に出ている人間がそれを意識してくれるようになったと思います。(上田氏)

- 在庫管理まで行かなくても、最初のステップである単品管理でも効果は出ているということでしょうか? -

そうです。「これ、こんなに出ているんだ、この時なんだ」というのを意識してくれるようになったので、発注する時にもそれが感覚的に生きてくればいいなと思います。

在庫管理に関しては、ネットの分との在庫の兼ね合いもしっかり考えないといけないので、導入するのはそれからかな?と思っていますが、ATEMSだと、最初に全部のシステムを導入しなくていいのがいいですよね。

最初にPOS入れます、次にポイントカード入れます、外商入れます…とパッケージに追加していけるというか、在庫管理も今入れなくても後でも大丈夫というのがいいと思いました。この規模の店舗だと一気に全部は中々難しいので、ATEMSの仕組みはとてもありがたいですね。(上田氏)

プラネットへの今後の期待 ~在庫管理/EC連携も視野に、次のステップへの相談を~

- 本日伺ったお話ですと、今後としては、ECならびに在庫管理のタイミングとその内容ということでしょうか? -

そうですね。具体的な開始の時期までは今はまだですが、現状、ECは店頭の在庫から発送分を抜きますので、その管理方法を詰めたほうがいいのか、それともECと店舗は別々に常に在庫を分けたほうがいいのかをちょっと考えていきたいですね。
プラネットさんにはこんなことお願いしていいのかな?というようなことでも相談にのってもらえて非常に助かっています。(上田氏)

本日はお忙しい中ありがとうございました。

有限会社絵具屋三吉 代表取締役 上田 藍氏(写真右)、プラネット担当営業・上野(写真左)

プラネット担当者の声

このたびはプラネットよりPOSレジシステムをご導入いただきましてありがとうございました。
また、今回の事例インタビューにあたり多大なるご協力をいただきましたこと、重ねて御礼申し上げます。

初めてのPOSシステムご導入で、絵具屋三吉様にはご不明な点や不安な点があったかと思いますが、 導入準備にあたり、専務取締役の櫻井様にもご尽力いただけたことで、導入後のスムーズな運用に繋げることができたと感じております。 ご導入を決めていただいてから、また今ももちろんですが、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今後も、ご検討されている在庫管理やEC連携について、絵具屋三吉様のご要望にお応えができるよう、 段階を踏んだ展開を進めていきたいと考えております。 未熟な点も多い私ですが、今後も絵具屋三吉様の発展に貢献ができるよう、精一杯努めてまいります。 今後とも何卒よろしくお願いいたします。
 

※ 事例紹介取材日時 : 2018年1月

※ 本事例の掲載内容は、取材時のものです。